家の中だけでGOする方法|日本だけじゃない!ポケモンGOの人気【攻略サイトをチェック】

日本だけじゃない!ポケモンGOの人気【攻略サイトをチェック】

ウーマン

家の中だけでGOする方法

地図

事故回避にもつながる

ポケモンGOをプレイするためには外を歩かないといけないイメージがありますが、家の中だけでゲームを進めることも可能です。まず、ポケモンGOにとって移動が必要な理由はポケモン出現とタマゴ孵化にあります。ポケモンが出現する場所というものがあり、そこに行かないとポケモンが出てこないのです。タマゴは移動距離で孵化し、3km・5km・10kmを要するタマゴがあります。ポケモンGOの醍醐味はポケモンをゲットすることにあり、タマゴからは珍しいポケモンが孵化することもあります。そのため、プレイヤーは移動します。家の中で移動距離を稼ぐ方法は、GPSのズレを利用・スマホを振る・物を使ってスマホを動かすなどがあります。外に出たくない人の他にポケモンGOに夢中で事故を起こしたという事例から、こうした方法を使って室内で安全にプレイしようとする人も多いようです。

自身動かずともキャラ動く

移動距離を稼ぐ方法は、一種の裏ワザになります。GPSを用いた移動距離の裏ワザでは、GPSに生じる一瞬のズレを活用します。ポケモンGOを起動した状態でホームボタンを押すとホーム画面になると思いますが、この時ポケモンGOはバックグラウンドで起動しています。裏で起動した状態を暫し放置した後にポケモンGO画面に戻ると、自分(キャラクター)が歩きます。周囲を数歩移動することもあれば、道を一つくらい飛び越えたところまで走って行くこともあります。しかし、走る場合は急な移動になるため制限がかかります。早めに制限画面を消すと、距離が割と稼げます。次に、手っ取り早い方法であるスマホ振りについてです。コツが必要かもしれませんが、万歩計のように振るだけでも移動距離が増えることがあります。振るのは疲れるという方は、扇風機やモノレールなどの動くものにスマホを装着すると良いです。これらの裏ワザは、インドア派な方には有効だと思います。ただ、飽きが早くなるといった声もあるので長くプレイするためには、この裏ワザを活用する際はプレイ時間を短めにするなどの工夫が必要です。